にきび跡のクレーターにはレーザー治療

にきび跡のクレーターを綺麗に治すためにはどんな方法が効果的なのでしょうか。にきび跡のクレーターが顔にできてしまうと目立つので、どうにかして治療したいと思うものです。多くの人が、にきび跡の手入れを毎日しているにも関わらず、改善されなくて困っています。

お肌にできたにきびの症状が悪化した時に、炎症が原因で深層の皮膚細胞を傷めてしまい、回復が難しい状態になるとクレーターになります。本来なら、新しい皮膚細胞をつくって皮膚を修復するべきところを、新たな皮膚ができない状態になってしまうのです。お肌ににきびができると、気になって繰り返し指先でいじってしまうこともありますが、それは炎症を悪化させるだけです。

にきびを触ったり潰してしまうことは、症状を悪化させてしまう原因になってしまいます。症状が軽い場合には、肌のターンオーバーを促すことによって、にきび跡のクレーターを改善することができます。ストレスを溜めない生活や、栄養バランスに配慮した食事、十分な水分を意識することで、にきびも、にきび跡も、改善の可能性があります。

美容成分を配合した低刺激の化粧水を使って、お肌の保湿ケアをきちんと行うようにしましょう。にきびによる肌のダメージが真皮層にまだ到達している場合は、家庭のケアクリニックでにきび跡を診察してもらい、どんな治療法なら改善できるかを、専門の医師に判断してもらいましょう。

にきび跡のクレーターにはレーザー治療が効果的


レーザーを用いた美容手術を行うことで、にきび跡のクレーターを目立たなくすることができます。にきびができた場所がにきび跡になることがありますが、クレーター状にくぼみができたり、毛穴が広がったりと症状は様々です。数あるにきび跡の中でも、最も目立つのがクレーターと呼ばれるにきび跡です。

クレーターは、まるで夏みかんの皮のように、皮膚の表面が凸凹になっているにきび跡です。一旦クレーターができると元通りの状態にはなかなかならず、化粧で隠すことも困難なので、悩みの種になりがちです。皮膚科でにきび跡クレーターを診断してもらい、しかるべき治療を受けることが有効な対策です。

表皮だけの肌トラブルなら自然回復も可能ですが、真皮層まで傷つくと回復は難しくなります。真皮層は皮膚の新陳代謝がない場所なので、一旦真皮が傷ついてしまうと、お肌が元通りの状態になることは困難なためです。クレーターの治療方法は、フォトフェイシャル、レーザー治療、ケミカルピーリングなどが代表的なものです。

クレーターのにきび跡には、レーザーの治療での効果が期待できます。クレーターができた層の皮膚でも、新たな細胞がつくられるように、レーザーを照射します。にきび跡がクレーターになってしまった場所でも、レーザーを用いた治療でコラーゲンの生成機能を高めることで、肌の修復を行うことができます。

にきび跡のクレーターが変化してしまった場合の対処方法


学生時代から、社会人になってからも、にきびが多くて困っている人がいます。にきびのトラブルにはにきび跡という、にきびがあった場所に痕跡が残ってしまうケースがあります。にきびクレーターや、にきびの場所にあったシミが、にきび跡と見なされています。

にきび跡でも、表層に残っているだけなら、お肌のターンオーバーに伴って段々と薄く目立たなくなります。症状の重いにきび跡の場合、すぐには治らないこともあります。クレーターとして残っていると、肌細胞が入れ替わったくらいでは治りません。クレーターが皮膚の深部にまで到達してしまった場合は、時間の経過で症状が緩和することはありません。

お肌にできたにきびを見て、シミか、クレーターかを知ろうとしても、うまくいきません。にきびがなくなった直後はシミだった部分が、だんだんとクレーターになっていく可能性も存在します。にきび跡は、家庭のケアで改善できるものではないので、必要に応じて皮膚科に通い、適切な処置を受けるようにするといいでしょう。

にきび予防に大切なことは、健康的な生活と、バランスのとれた食事です。健康に悪い食生活は、肌のためにもよくありません。コラーゲンやビタミンを摂取し、毎日ぐっすり眠る習慣をつけるといいでしょう。正しい洗顔のやり方を覚えて実践することや、自分の肌に合うスキンケア用品を使うことも、にきびの予防効果が期待できます。